読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

『耳すま』関連スレ集と個人実況

 先週金曜日に放送された『耳をすませば』。カナタのジブリNo.1フェイバリットムービーであり、もちろん自分もリアルタイムに正座して観ていたのですが、各所でもいろいろな盛り上がりを見せていたようなので、2chスレ系中心に個人的に気に入ったものをまとめて紹介。


「耳をすませば」…   (日刊スレッドガイド)
 ドキドキしながら開いたら、ここは意外と平和。


金曜ロードショー「耳をすませば」  (電撃速報!!)  情報元:はてな
 こっちはさすが、実況らしい勢いがある(笑)
 ていうか>>64のAA見て、普通に心拍数が上がっちゃったんだぜ…不覚!


耳  を  す  ま  せ  や  (喪男の書き留めたい事。)  情報元:白い戯言
 こういうのもあります。思わず笑ってしまうw


もしも「耳をすませば」の舞台が2008年だったら  カフェオレ・ライター  情報元:はてな
 カフェオレライターさんからも耳すまネタの新作が!(リアルタイムで出会えたことにちょっと感激・笑)関連過去ログもいろんな意味で素晴らしいのでぜひ。


 以上、いくつか拾って並べてみましたが、一応最後にうちのおまけもつけておきますね。俺の愛を感じろ!!



<放送をリアルタイムで正座して観ていたカナタのtwitter上での発言ログ(* と補足)>


 21:01  さあ、耳をすませよう!!!
  (* 放送開始直前)


 21:18  やなやつやなやつやなやつ!!(^^)
  (* 名台詞ktkr 劇中では最後にもう一度「やな、やつ !!」って入るんですかね、たしか)


 21:40  道路で踊るとか弁当忘れるとか「物語の始まりみた〜い」とかシンクロしすぎて困る。
  (* 雫と自分を被せるなどイタさ極まりない感があるがそれでも被ってしまって仕方がない)


 21:41  決定的な差=年齢
  (* さすがにさっきの発言は痛いか…と思い自虐ネタを追加)


 21:54  ここの雫の余計なこと言うなっぷりは異常。
  (* 神社シーン始まる)


 21:55  ああ〜杉村いいなぁ。きゅんきゅん。こういうキャラって振られてナンボですよね!(え
  (* 杉村が可愛くってしかたがないことで自分が年を取ったと感じる瞬間)


 22:03  わかりきっていたことだがやはり雫との決定的な差は年齢なんかではない。
      前言撤回し全国の耳すまファンにお詫びさせていただきます!orz

  (* 地球屋での聖司君との運命っぷりにイタタマレなくなった様子)


 22:10  ひどい!不意打ちだわ!洞窟の生き埋めよ!空が落ちてきたみたい!!
  (* またもや名台詞。思わずメモ)


 22:19  名場面キタ!ひゅーひゅー
  (* 呼び出し→屋上シーン。ここでクラスメイトがわらわら覗きに行く描写がなんかすごい好き)


 22:20  ここはいやらしいくらい雫が女の子しているのがポイント。
  (* 周囲を意識しまくってるところが、雫も女の子だなぁ〜と思う)


 22:35  やっぱりアニメーションって素晴らしい。
  (* バロンと雫のシーン。あの「気流に身を流される感じ」は何度観ても痺れる(魔女宅も同様)。映画館で観たかったなぁ)


  (以後しばらくクライマックスのため無言)


 23:06  やっぱり好きだなぁ。耳をすませば。ここから後はオマケです。
  (* 最後に、眠った雫にお父さんが布団かけてくれるところ。隠れた名場面)


  (個人的にはここでクライマックスが終了。
   これ以後の「二人で朝陽」シーンはファンサービス的なものだと思ってる)


 23:08  オマケだけどトキメクね!><
  (* ファンサービスだと思っていてしかも台詞もほぼ覚えているくせに高鳴る胸)


 23:19  あー満足。エネルギー満タンになった!
  (* 終了。久しぶりに全部がっつり観て幸福)



 個人的にはどうしてこんなに『耳をすませば』が好きかというと、主人公・雫が実に中学生らしい悩みと夢を抱えて、それに真っ直ぐ全力で立ち向かっていくから、であり。さらに言えば、描かれる風景は憧憬といえてしまうくらいの完璧な「日常」で、そんな中で天沢聖司という少年が、不思議な存在→憧れ→恋という役割を見事に果たしてくれていて、彼との出会いをきっかけに少女が半年で飛躍的な成長を遂げていく、その瞬間瞬間のキラメキが素晴らしい彩度で焼き付けられているからです。だから、カナタは世の中で言われるほどには、耳すまをそこまで恋愛ものとして捉えていないところがあります…むしろ二人の甘酸っぱさは二次的な楽しみ、というか。


 いやそれでももちろんやっぱり、聖司君の王子様性とその裏に隠された中学生らしさのバランスは神がかり的ですけどね。
 「図書館で何度もすれちがったの、知らないだろ。…隣の席に座ったこともあるんだぞ。」
 これだけで、ご飯三杯は軽くいけます!!


 検索してたらこんなのを発見して噴いた!いいなぁ、これ。飾ってる猛者はいるんだろうか…(笑)

1000ピース 耳をすませば 図書館にて 1000-239

1000ピース 耳をすませば 図書館にて 1000-239


 で、いい加減DVDくらい買えばいいと思うよ、自分。

耳をすませば [DVD]

耳をすませば [DVD]