読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

若さゆえの過ちは時に悲しみを生むよね

無駄に格好つけたタイトルはともかく。
今日は次の記事を紹介しつつカナタなりの考えを書かせて頂きます。
http://d.hatena.ne.jp/y_arim/20080602/1212438532
まずは元の話に触れておきます。
  
  
上の記事の本題は「先日のコードギアスの特番をきっかけにその出演者のブログが炎上*1」という出来事についてで、
「炎上した原因は、コードギアスの主なファン層が若い世代だからである」という指摘をされています。

 これはファンの質の低下やオタクの頭の悪さという問題ではなく、ファンの若さの問題なのだ。
 若いファンのモラルやリテラシーがまだ低いのはある程度しかたがないし、
 彼ら彼女らが周りが見えなくなるほど入れあげるのもやむを得ない面がある。
 そして近年、そういう人々もインターネットを利用するようになったことで、このようなケースが顕在化してきたのである。


 http://d.hatena.ne.jp/y_arim/20080602/1212438532

この指摘に関して、カナタも概ね同意です。
若年層のファンだけが起こした騒ぎでは無いと思いますが、若い人の方がいわゆるネガティブな意味での「信者」な行動を取りがちであることは確か。昔から、若気の至り、という言葉があるように、ある程度は仕方がないことだと思います(我が身を振り返っても……!)。
もちろん若いファンがみんな痛い「信者」であるわけではないし、「信者」が皆、若年層だというわけでもありませんが…。


ただ、インターネットというツールのおかげで、こういった「若さ(=未熟さ、という意味で)」がより大規模な不毛な争いを引き起こせるようになり、ネガティブな感情だけをあちらこちらにばらまいていくのは悲しいなぁ、と心から思う。
  
  
あと、以下のコメントにも同感なので、引用してこのお話はおしまい。

 有野の発言は間違ってない。知らない人のサインなんか欲しくないしね。
 でも、番組を見てる層への配慮が足りてない。
 そして病人のブログに書き込んだギアスファンも悪い。悪ふざけにしてもひどすぎ。
 でも一番悪いのは出演者がろくに知らないアニメの特番をさせたテレビ局。


 痛いニュース(ノ∀`) :
 「サイン、シンナーで消せば」 よゐこ有野のブログ、コードギアス特番での発言で大炎上

 (コメント7255番より)

  
  
さて、ここまでは一応前置き。
記事を変えて本題に移ります。⇒アニメの作り手さんになかなか関心が向かない理由とか

*1:どうやらそのブログのコメント欄は現在閉鎖されてしまった様子。カナタ自身は確認していません