読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0』を観に行ってきた!

一昨日、第一弾帰省を終えて帰ってきました。ただいま!
今回の帰省のメインの目的は就職活動だったのですが、そのついでに大阪で『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 2.0』を観てきました。


「スカイ・クロラ」公開記念VERSION2.0始動!『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0』
押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開



私はTVシリーズである『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の1stと2ndは観ましたが、この『GHOST IN THE SHELL』には手を伸ばせていなくって(よって『イノセンス』も未見)。
だからこの2.0情報を知ったときには、あの歴史的作品を、今になって映画館で観られるなんてー!!と一瞬だけ非常に盛り上がったのですが…
そこに立ち塞がったのが「全国5大都市で限定劇場公開」、の壁。
8月には大阪に行く予定があるけれど、映画の封切りは7月だし、きっと『スカイ・クロラ』と入れ替わりぐらいで上映終了してしまっているだろうし……


ところが先日調べたところ、大阪では8日まで公開されているとのことで。
丁度大阪行くじゃん!ひゃっほうー!と思ったら、今度は上映時間が一日一回のレイトショーのみ…(その時間まで大阪に居ると、実家まで帰る電車が無くなってしまう)


しかし映画館で観る=プライスレスだし…という誘惑は強力で、しかもtwitterでも『(音響が良い劇場なら)劇場で観るのお勧めします』とアドバイス頂いて、遂には帰ってくるルートをちょっと変更、ちゃっかり大阪に1泊して観てきました!えへえへ。



こうして、『GHOST IN THE SHELL』を映画館で初体験!となるはずだったのですが…なんと偶然、まさに帰省の前日に、ケーブルテレビでオリジナル版が放送されているのに遭遇。
どうしよう!観ようか、観まいか、でも観ちゃおうか、あ、あ、あーっ!
…というわけで、結局はオリジナル版をテレビで観てから映画館へ、となりました(あとから思えば、いろいろ比較しながら楽しめたので観ておいてよかった)。



で、2.0本編ですが、映画館に見に行った甲斐が十分にありました!!
上映後お客さんがぞろぞろ出ていく時には、『一緒やーん』なんて声も聞こえてきましたが…
カナタとしては、まず映画館という空間で観られるというだけで貴重な機会であり、しかも、大画面で観る価値がちゃんとある作品なわけで。音響も奥行きがあって、あのテーマ曲には完全に圧倒されました。
(これはおそらく映画館自体の質も関係あるかと思いますが…『スカイ・クロラ』も大阪で観たくなった)



気になるのは2.0での変更点ですが、まずあちらこちらで言われている3Dへの差し替え部分は、事前にネタばれ感想を見ていたせいか、そこまで拒否反応は起こらなかったです。攻殻SACのOPみたいな感じで、それはそれとして…みたいな。
あと、なんとなく「あ…ここ3D素子さん来そう!」と思うところがやっぱりそうだったり。Zガンダム新訳を経験した者ですもの、これぐらいの違和感はへっちゃらですのよ(!?)。
あとエフェクトは凄い。その効果の威力を見せつけられます。
ラストシーンは本当に鳥肌が立った。
そしてあのEDですよ。たまりません。


そしてもう一点、重要な(そして最大の?)変更である「人形使い」の声。
家弓家正氏から榊原良子氏へ、つまり男性から女性へと変更されました。
私が思ったのは、まず声の是非の前に、人形使いを呼ぶ代名詞はそのまま『彼』がよかったな、と。正体がわからない存在を、あえて「彼女」とよぶかな?と思ってしまって。そこには、人形使いは性別を超越した存在であってほしい…という私の希望もあるのですが。
でもパンフレットのインタビューを読むと、逆に監督は人形使いの「性別」を結構意識しているようなので、その意図だと「彼女」にしちゃうのも仕方ないですかね。


榊原良子さんの演技の印象は、抑揚が大きくより女性的な情感が込められたようでありながら、逆にものすごく機械的にも聞こえるような気もして、聞いててそわそわしたというか、ある種の「気持ち悪さ」を感じました。そういう意図があったのかはわからないですが、ある意味、キャスト変更が成功していると言っていいのかな。
あと、なんで清掃局員の男の声も変わっちゃったのか。大人の事情…?



ぶっちゃけ「まだ自分では話についていけないんじゃないか」という不安が大きくて、これまでGISには手を伸ばせずにいたのですが、十分楽しむことができました。
(「理解」したか、と問われると自信を持ってイエスとは言えませんが)
これはやはりSACシリーズのおかげかな。SACを観た人ならイメージはしやすいかと思います。


しかし、GISの素子さんはお美しい…大画面であの端正な顔立ちを堪能しました。SACから入ったカナタですが、素子さんのお顔はGISの方が好きです。いや、もちろんSACはあっちの素子さんが良いと思いますけれど。



個人的には攻殻を観てみたいな、と思っている人にはまずSACを(長いけど)お勧めするかな。あと、GISを観よう、という人には、余裕があるならオリジナル版を観てから2.0版を観てみてほしい…同じの2度も観るのはちょっと、というなら、2.0版を。『イノセンス』に繋がりやすいという意味で。


というわけで、カナタも近々『イノセンス』観ようと思います。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1 [DVD]

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1 [DVD]

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 [Blu-ray]

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 Blu-ray BOX 【初回限定生産】

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 Blu-ray BOX 【初回限定生産】