読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

ウェブカレについてまとめてみるよ!

乙女ゲー雑食女子ですが、なにか??
数日前にweb上で突如見かけるようになった「ウェブカレ」という言葉。
もちろんその響きをカナタがスルーするわけがなく、さっそく参加してみました。


"あの人"がプロデュース!ということで、はてな周辺でも注目度が高いこの企画。
サービス開始から数日が経って、賛否両論な意見をみかけるので、
カナタなりに感じたことをまとめておこうと思います。
興味はあるけど様子見中という方は、ご参考にしてくださいませ。


ちなみにこの記事はウェブカレに登録する前の方、登録したばかりで仕組みがよくわからない!という方向けに、簡単な紹介として書いたものなので、詳しい攻略情報や注意事項に関しては以下のwiki等を参考にされる方がよいと思います〜。
http://www1.atwiki.jp/webkare/


ウェブカレって何?

http://web-kare.jp/information/guide/
トップページの煽り文は、"webから始まる…カレとあなたの物語――"。
サイトから受ける印象はネット版乙女ゲーム*1という感じ。


ただ、ここではっきり断言しておきたいことは、
(少なくとも現在の)ウェブカレは、乙女ゲームではありません。
ブログペット的な男の子達を介した、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの一種です。


キャラクターが話しかけてきたり、条件を満たせばイベントが発生したり、
という恋愛シュミレーション的な要素もありますが、
それだけを目当てに登録するとすぐにがっかりしてしまうと思いますので、
この点は非常に要注意です。


実際、サイト内の掲示板で見かける意見で多いのが、

  • カレとのイベント・会話等が不十分、といった不満
  • (シナリオがどんどん進むわけではないので)いったい何をすればいいのかわからない

といったもの。


ユーザーさんの(主にお怒りの)声を読んでると、どうも、
「男の子キャラクターとの恋愛ゲーム」を期待するユーザーと、
「男の子キャラクターを介したコミュニケーションツール」を提供する運営さん、
という意識の乖離があるような気がします。


導入の説明ページ等から考えると、これはある程度運営さん側のプレゼンに問題があるような気がしますが…
ほとんどのユーザーさんは、ユーザー同士の交流は二の次で、
ウェブカレとのキャッキャウフフを夢見て登録しますものね(もちろんカナタも)。


というわけで、シナリオに沿った恋愛体験、を期待するなら、素直に他の乙女ゲームのプレイに時間をさきましょう。
正しい認識は、ウェブカレ=自分の恋人、という設定のブログペット、だと思います。
カレとの交流も、クリックしてセリフを言わせるのがメインで、
他のブログペット同様、もっぱら言葉を覚えさせたりして遊んでることが多いです。


それから、もうひとつ注意!なのは、まだ開始したばかりのサービスのためもあってか、
動作の不具合が結構頻繁に起こっているようだ、ということ。
カナタは全く経験していないのですが、いろいろ起こっているようです。
ネット環境が不安定な方や、PCのスペックに不安がある方はお気をつけになったほうが良さげ。


以上、大事と思ったことを最初に言ってしまいましたが、
一方でカナタは、今のウェブカレも結構楽しいと感じているので、その魅力を以降で紹介してみますね。


ウェブカレのシステム


まず、ウェブカレでできることのまとめ。
現在のコミュニケーションサービスで人気があるものをフルに詰め込んだ!って感じになってます。


一番初めに、4人のキャラクターの中から一人を選んで登録します。
基本的に、これがあなたのカレになります。
解説によれば、ゆくゆくは途中でキャラクターを変えることも可能になるようですが、
開始から当分はそのキャラクターしか自分の元にはいない、という状況になるので、
しっかり考えて選びましょう。



キャラクターは左から、
メガネ生徒会長、バスケ元気っ子、ヤンキー問題児、フェロモン国語教師、の4人
この中から一人だけを選ぶ、というのはなかなか厳しい選択でした…。しかもCVも皆良いのだ。


ちなみにカナタは、クールキャラのはずなのになぜか周囲に漂う天然臭、が決め手になって、
メガネ生徒会長を選択しました。
一番、言動に突っ込みどころがありそうで楽しいかな、と思ったので!
小野Dの国語教師はもちろん、問題児クンの"普通っぽい"声と台詞の男前っぷりにも心引かれたんだけど。


それから、登録後にまず発生する出会いイベントで、カレの名前を設定できるのですが、
このカレの名前は他のユーザーさんとの交流等でも表示されるので、意外と重要だったりします。
カナタははじめの設定まんまのキャラクター名を使ってますが、
他ユーザーのカレと差別化したい場合には変えた方がいいかも。


さて、登録すると自分のホームページが出来て、いろいろな機能が使えるようになります。
<ホーム>
自分のメインページです。
ウェブカレのステータスや、他のキャラとの交流の状況(親密度)がわかります(後述)


<プロフ>
  mixiのプロフィールページによく似た、自己紹介ページ。
  『プロペタ』という機能を使って好きなコミュニティに入ることで、
  自分の属性や趣味をアピールすることもできます。


<ミニログ>
twitterのような、ミニブログ機能。
自分の独り言をぽんぽん投稿していくところです。
ミニログページ内の<みんな>のところをクリックすると、他の人の投稿が一覧できます。
チャットのように他のユーザーさんにお返事したり、
気に入った発言は投稿の文末の星印をクリックしてお気に入りに登録することなんかもできます。
最初、こんな機能があっても、わざわざこの場所に書くことなんてないよー、と思ったけれど、
ここに書いた言葉をカレが覚えて口にするようになるのでなかなか侮れません。
ついつい何か書きたくなる罠。


<おえかき>
おえかきというより、交流掲示板。
イラストを描くこともできるみたいですが、画像保存がうまくいかないなどまだ動作に難がある様子。
というわけで、キャラクターの言動をキャプって紹介しあったり、
運営サイドからは全くノーヒントの、カレとの交流に関する情報を交換し合う場になっています。
ネタを楽しむスレもあれば、不満点を挙げる怒りのスレもあって、
非常に「ああ、女性オタが集まってるなぁー」感を味わうことができます(笑)


<プロペタ>
前述の、プロフィールページに表示する用のコミュニティ機能。
コミュニティの参加者は一覧できますが、掲示板等はないので交流は個人単位になります。
ちなみに現在の参加者数ランキングは、
No.1 ウェブカレの使い方がわからない
No.2 メガネフェチ
No.3 声フェチですが、なにか?

となってます…濃いコミュもたくさん!


<メッセージ>
ユーザー同士のやりとりができるメール機能。


<アルバム>
稀に発生するカレとのイベントを保存&閲覧できるページ。
とりあえず現在は「いくら待ってもイベントなんて起こらないよ!」という声多数。
のんびり待ってます。


また、ウェブトモ(mixiでいうマイミク)として、ユーザー同士で繋がることができます。
ウェブトモになると、ミニログでの相手の発言も自分のページに表示されたりします。


ウェブカレで、何をするの?

さて、ウェブカレでできることは、上記のミニログなどの機能を利用することと、
自分のウェブカレとの交流(主にクリックしてセリフを言わせる)と、
他ユーザーのウェブカレとの交流(これもクリックしてセリフ)の3つです。
イベント発生はおまけというか、不意に貰えるご褒美のようなものだと思っておきましょう。

  • 自分のウェブカレとの交流

  交流は基本的にカレをクリックしてセリフを楽しむ、のみです。
  時々セリフによってはCV付きのものが現れることがあります。
  
  こんな感じ。
  予想通り、会長のセリフには突っ込みどころが多くって、個人的にはこれだけで結構楽しんでたり。
  印象としては、ネタなら会長、萌えなら先生がお勧め。実際人気があるのもこの二人。


  カレは時間帯等によって家や学校を移動するので、それによって出現するセリフは変化する様子。
  というか、うちのカレは私に似て出不精らしく、登録後一日してもどこにも出かけてくれない…!
  あと、キャラによって就寝の時間帯等の違いもあるようです。
  会長は寝るのが早いのですが、寝言が楽しいのでむしろ奴が寝てからが本番だったり。
  
  寝てるじゃん…!

  • ユーザー同士のウェブカレを介した交流

  さて、コミュ力を試されるのがこちら。
  むしろこれを楽しめないと、ウェブカレを楽しむことは厳しいのかもしれません。
  何をするのかといえば、簡単で、
  他のユーザーさんのページに行ってそちらのウェブカレをクリックする(=ツツく)だけ。
  すると、お互いのカレがセリフを言います。
  
  お互いのセリフに関連は全くありませんが。
  でもバラバラなセリフのはずが時々妙な会話が成立したりして、それが非常に面白い(笑)
  掲示板でも、カレ達の絶妙なセリフを紹介し合うスレが盛り上がっています。


  そして、重要なのは、他のカレをクリックすると「最近のツツカレ」として記録に残り、
  相手にも自分のことが知らされる、ということ。
  つまりは、mixiでいう足跡のようなものですね。
  もともとユーザーに知り合いがいる場合は気軽にツツキ合って楽しめるのですが、
  見ず知らずのカレをクリックしに行くのは結構な勇気が必要だったりします。


  ツツキ合うことによる影響はまだよくわかりませんが、
  とりあえずお互いのウェブカレの親密度がどんどん上昇します。
  おそらくはカレのステータスや、今後の何らかのイベント出現等にも影響がある…と期待したいところ。


  というわけで、実は非コミュ人には非常に厳しいウェブカレ。
  これが、冒頭でカナタがウェブカレはコミュニケーションツールだと言い切った理由です。


  ただ、そこでうまいなと思うのは、ツツくことで何かが起こるかも!という期待があるため、
  自然に非コミュな人でも他ユーザーに対して積極的になりやすいこと。
  これはSNSとしてはうまく出来ているような気がします。
  そして、他の人のページを覗いた上でツツく(=足跡を残す)かツツかないかを決められる、というのも、
  気が楽な部分が残されていていい。
  このツツカレ機能がカレとの関係などゲーム性の面にも影響が出るのが目に見えれば、
  あとは言うことなしかと思います。


まとめ


ざっとウェブカレでできること、やらなければならないこと、を並べてみました。
基本的に非コミュな自分としては、やっぱり今後のゲーム性に期待しているのですけれど、
しばらくはカレの言動をニヤニヤ楽しんでいこうと思います。
カレとのイベント等に関しては運営さんからは全くのノーヒントのため、
掲示板等ではイベント発生時等の僅かな情報やキャラごとの情報が交換されたりしていますが、
現時点ではあまりそちらに重みを置かず、ある意味カレの飼い主的な気分でまったり楽しめる人にお勧めです。


うちのカレ
 http://web-kare.jp/profile/view/kanatam

 カナタ自身、積極的な交流は苦手な方なのですが、ツツキ相手お探しの方はお気軽にどうぞ!


追記

書き忘れてた!
もうひとつ注意事項なんですけど、基本的に画面の上部と下部には広告表示が出ます。
それだけならそんなに問題無いのですが、
広告に出てくる商品のジャンルは、乙女ゲーなどの異性カップル作品と、腐女子向けのBL作品。
乙女ゲーマーの方の中にはBLには全く興味が無い人もいるので(むしろ嫌悪してる人も)、
この点は大丈夫かなぁ、と少し気になりました。
広告レベルでもそういったものを目にするのが苦手だ、という方は注意してくださいね!
まぁ、乙女ゲームキャラクター同士の801といったジャンルもあるし、
これぐらいの混同は仕方ないのかもしれません。
乙女ゲーだけだと市場も狭くなってしまうし。
実際ユーザーさんの多数は腐女子要素も持ってる印象ですけどね。


というか、あらためてサイト内を確認したんだけれど、
「主人公が女の子です」、ってどこにも明記されてないんですよね(!)。
カナタが経験した出会いイベントの主人公の言動的には、女の子設定だとは思うのですが…
これはわざとぼかしてあるのかなぁ?

(修正:トップページのタイトル部分にしっかり「素敵ボーイズとラブな乙女の〜」と書かれてました!!)

広告と合わせて考えると、どうしてもその辺り、運営側の認識の甘さ、に感じてしまうんですけど。
でも、カレ同士の交流なんかにも、いろいろ連想させる要素もあるし、
腐方面までターゲット層として計算されているのかな?


細かいことかもしれませんが、やっぱり女の子のオタクと腐女子、の間には、
はっきり線引きをして欲しい、としつこく思う今日この頃です。
(追記 否定し合うわけではなく、うまく棲み分けられればいいな、と!!混ぜるとどうしても嫌な思いをする人が出てくるわけで…。ある程度線引きすることで、みんなが棲み分けの意識をきちんと持てるようになればいいな!)
カナタは異性も同性もどちらもいけるクチですけど、両方好きだからといって、
どっちでも良いわけではないのです(これ大事!!)。
楽しむ時の、脳内回路が女主人公と男主人公では全く違ってくるのですよー。


というわけで、ウェブカレに腐女子タグを付けるのはちょっと違うと思うんだけど、
どうなんでしょうプロデューサー!


さらに追記(9/18 4:00)


ウェブカレ内掲示板のスレでこの記事が紹介されたようです、ありがとうございます。
この記事はウェブカレに登録していない人向けに書いたものなので、
スレからHow to記事を求めていらっしゃった方には不足が多いと思いますが…!


とにかく、登録したものの「何をしたらいいのかわからない!」という方は、
ウェブカレは「カレを攻略する」だけでなく「他の人と交流する」ところ、
ということを念頭に置いてみてください。
交流するといっても、知り合いが誰もいない状況からのスタートはなかなか辛いと思いますが、
みんなのミニログを読んだり、掲示板をのぞいてみたり。
そこではウェブトモを募集されている人もいるし、
気に入った発言をされている方がいればその人のプロフィールを見てみるものいいかも。
そして、ちょっと勇気を出してその方のウェブカレをツツイてみましょう!
mixiのマイミク同様、なんの交流もなく突然「ウェブトモ」申請をしたりするのはお勧めできませんが、
ツツカレは割と気軽にしてもいいと思います。
「うちのカレ、ツツいて行ってあげてください」とプロフィールに書いてる方も多いですし。


今のところわかっていることは、どうやら、カレ同士の親密度が一定の値に達すると、
その相手と同じキャラクターの子が、自分のカレとしてやってくるようです*2
まずは自分と自分のカレの親密度を上げることだけに目がいきがちなのですが、
どうやらツツく回数だけではなくある程度の日数が経たないとイベント発生条件は満たされないみたい?
まったり楽しみましょー(^0^)

*1:女の子が主人公で男の子が相手の恋愛シュミレーションゲーム

*2:そこからは自分のカレが二人状態に!!