読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

東京旅行記 その2 〜写真編〜

さて、前回(東京旅行記 その1 〜旅立ち編〜 - 彼方むんむん)から間があいてしまいましたが、
今回からが本編。
拙い写真と共に、3日間の東京滞在でどんな所を訪れたかをご紹介しますー。

東京駅・日本橋


まず宿泊先には、日本橋のホテルを選びました。
行き帰りに高速バスを利用するため、東京駅から近いところを、と考えて。


このように高速バスのためにいつも東京駅を利用するのですが、
未だにいわゆるこんな赤レンガの駅舎は見たことがありません。
(この写真はフリー素材から借りてきたもの)


なぜなら、高速バスの発着や今回泊ったホテルの場所は八重洲口側なんですよね。
この歴史が感じられる駅舎は、反対側の丸の内口。八重洲口は普通の都会的なビルなのです。
数年前、初めてバスから降り立った時には「あ、あれ!?」とがっかりしたものでした。
今回は宿の都合上毎日東京駅を利用するので、余裕があれば丸の内側にも行ってみたかった…
のですが、結局行くことはできませんでした(主に体力的な面で)。残念。


秋葉原


今回秋葉原に行くつもりは全然無かったのですが、
携帯電話を忘れたためネット環境を求めて、初日に急遽立ち寄りました。
旅行前に、東京駅周辺にはあまりネットカフェが無い、ということは調べてあったので、
とりあえずアキバに行けばすぐに見つかるだろう、と。
結局、電気街口を出て大通りで一番初めに看板が目についた店に飛び込んだのですが、
どうせ行くならもうちょっと面白いところ(メイドさん居るとことか)を調べておけばよかったな。
もちろん当日そんな余裕は全然無かったですが。
利用したのはこちら。
秋葉原店 | まんが喫茶ゲラゲラ
オープンスペースしかなくお値段も普通でしたが、結構賑わっていました。
やはり看板が目立つからかな?
人生2度目のアキバでしたが、
せっかく立ち寄ったんだから総理まんじゅうでも買っておくべきだったかしら…。


新宿


今回一番長い時間滞在したのは新宿かも。
以前やったUsteram内でお勧め頂いた、新宿都庁展望台にも連れて行ってもらいました!
都庁見学のご案内‐展望室
まさにザ・大都会!って感じを味わえました。
あと都庁の建物自体がやたら巨大で、ほぇぇぇとなりましたよ。



それから、建物といえばこちらも。

そびえ立つビル群の中でも一際目を引くその姿。
思わず写真を撮りたくなる異様さ(失礼)でした。
モード学園コクーンタワー - Wikipedia
どこかに顔が付いててもおかしくないというか…
顔が出てきて浮遊し始めたら『ラーゼフォン』のドーレムだ!みたいな(失礼)



あと、話題のクリスピー・クリーム・ドーナツも食べてきました。
夕方6時くらいでしたが、それでも行列でしたよ!
40分待ち、になってましたが、結局そこまでは待たなかったような?
しかも並んでる間に「試食」としてドーナツ1個くれるんです!びっくりした。
その時に一番ベーシックなオリジナル・グレーズドを食べちゃったので、
注文ではこのチョコレート・グレーズド・クルーラーをチョイス。

どちらも美味しかった!
ずっと話題になっているので、どんな斬新な味なんだろうと思っていましたが、
そういった奇をてらったものではなく王道の美味しさでした。
例えるなら、ミスタードーナツのポン・デ・リング的な意外性を想像していたけれど、
実際はリニューアルしたハニーディップ路線の延長上なお味(ミスド好きにしか通じない比喩)。
おそらくミスドの最近のリニューアル戦略も、
このクリスピー・クリーム・ドーナツをかなり意識してるんじゃないかな。
また、お店の造り自体にも面白さがあって、それはこの記事に詳しいです。
@nifty:デイリーポータルZ:話題のドーナツ屋、クリスピー・クリーム・ドーナツを食べてきたぜ
まさにこんな感じでしたよ!



おまけで、これまた連れてってもらったご飯屋さんも面白かったのでご紹介。
http://www.foodscope.com/restaurants/koishigure/index.html
お料理は普通に美味しいのですが、注目は何よりも内装。
入口から竹と石畳風の小道で京都な感じにしているのかと思いきや、
その中に飾られた小物は昭和レトロ風な看板などで、なんか変。すごく変。
「外国人から見た日本」がテーマなら、もっと過激にわけわからん感じになると思うんですが、
"滅茶苦茶さ"の匙加減がえらく微妙で、逆に面白かったです。
個室も、箸袋は平安絵巻なのに、壁に飾られた絵は東海道五十三次…
しかも座敷ではなくソファー!!(案内されてずっこけた)
でも個室で居心地は良かったし、新宿駅東口出てすぐと行きやすいので、使い勝手は良いと思います!


渋谷〜青山〜原宿


現在青山で開催されている漫画家・イラストレーターのokama氏の展示会を観に行くため、
渋谷〜原宿エリアにも行きました。
まず山手線渋谷駅で降りて思わず写真をパシャリ。

わーい109が見えるよー。この後ハチ公にも会ったよー。


で、渋谷駅前から宮益坂を登って、青山通り(…に出たところで力尽きて一旦スタバで休憩・笑)。
あとは難なく展示会会場である青山オーバルビルへ。ビルは国連大学の隣なので分かりやすいです。
すごーく小さな展示会ですが、一人っきりだったので生原稿を食い入るように眺めてきました。
これは後でまた別にレポート書きたいな。
展示会は11/30(日)までなので、興味ある方はお早めに!
okama art exhibition 「okamagic003」展 [GoFa]

この記事をちまちま書いてる間に終わってしまった!うえー><



さて、展示会の後、またお茶したりして小一時間過ごした後、
まだ歩けそうだったし天気も良かったので、今度は青山墓地まで散策しました。
なぜ墓地!と言われそうですが、カナタにとっては、昔々、
北杜夫の「どくとるマンボウ」シリーズを読んで以来ずっと、なんとなく行ってみたい場所だったのです。
(ちなみに読んだのはエッセイだけ…純文学系は読んでない)
(彼の生家が墓地の近くで、幼い頃の話によくここの話が出てくるのです)


しかし表参道や青山のセレブっぽい雰囲気は凄いですね。
そんな中に小学校があって、下校中の児童たちとすれ違ったんですが、
この子達はこんな都会の中で、田んぼや畑も知らず、
地方なんてまるで異国のような感覚で育つんだな…と、なんだか愕然としてしまいましたわー。


そんなセレブ感も墓地に向かうにつれ薄れ、人通りも減ってきたところに森発見。

桜の名所であることは知っていましたが、ちょうど紅葉してる!
そんなことは全然期待してなかったので嬉しい。

並木道も綺麗でした…この写真では全然伝わりませんが><。
もっと頑張って撮り直そうかとも思ったのですが、もちろんこの両脇にはお墓が林立しているわけで、
そこで写真パシャパシャ撮るのは不謹慎な気がしてやめておきました。
あ…、カナタは霊感的なもの全然無いのですが、「何か」写ってたらごめんなさいねっ。


さて、ここには多数の著名人が眠っていることでも有名で、
手持ちのガイドブックにもどこに誰のお墓が〜という簡単なマップが付いていたのですが。
そういったにわか有名人巡りをする気分でもなかったので、特に当てなくぶらぶらと散策しました。
人もほとんどいなくて*1、すごく静かな気持ちでウロウロできました…もちろん、林立するお墓の間を。
傍目から見れば結構不審なオナゴだったかもしれない…(今更)。


いや、お墓だらけだし人の気配もあんまりなかったけれど、
墓地の外からはひっきりなしに車の行き交う音が聞こえてくるし、
もともと想像していたほど不気味ではなかったんです。
それどころか、辺りは静謐な空気に包まれているのに、周囲から響いてくるエンジン音。
そして空を見上げれば木々の向こうにはビルがそびえたっていて…
カナタ的には凄く不思議というか、なんだか新鮮な空間でした。


軍人さんとか、それ以前と思われる古いお墓も多くって、なんだか、
「この人たちは、もし今の日本を見たらがっかりするのかなぁ」とか、
「でも、私はこの時代に生きることができてよかったなぁ」とか、そんなことを考えたりしました。
『プラネテス』とか観てると、あと100年遅く生まれてきたかったなーなんて思ったりもしますが(笑)、
それでもやっぱり「今」でよかったと思うな。
特にぎりぎりインターネットが普及する前後を知っている世代なのは、結構嬉しかったりする。
そんな風に、ごにょごにょ〜っと物思いに耽りながら墓地を後にしたのでした。



その頃には普段の運動不足もたたって割と歩き疲れてきてもいたので、
ちょっと楽をして地下鉄で乃木坂→明治神宮前へ。
地上に出れば、そこは原宿ー!夕暮れ時だったので、かなりの人出でした*2


わざわざ原宿まで足を伸ばした理由は一つ。今話題の、H&Mを拝みに行くのだー。
いや、はじめはね、ワイドショーで行列を観て、
「服屋に数時間も並ぶとかw」なーんてプギャーしてたのですが。
ファッション誌で見てみたら想像以上に可愛いくて…
ちょうどせっかく東京行くんだし、これはいっちょ行ってみるべし、と思いまして。
ただ、決めていたのは、"行列ができてたら並ばない"(…意地?)。
しかし事前に友人に聞いてみると、「今でも2時間待ちらしいよ。まぁ頑張れ」とのこと orz


というわけで、半分駄目元で行ってみたのですが…やっぱり、行列できてました。
そこまで長い行列ではなかったのですが、初志貫徹でスルーして、
結局、お店の外観だけ拝んできました。


なにしに行ったんだ!!…お、拝みに行ったのだよ!
えーと、カメラ構えるのは恥ずかしくて写真も撮れなかったので、
H&M狂騒曲の様子はこちらの記事なんかでどうぞ。
次は原宿「H&M」だ! 銀座とはココが違う! [レディースファッション] All About


中野


オシャレスポットの次はオタクスポット!
初めて、中野ブロードウェイにも行ってきました!
日曜の夕方だったせいもあってか駅前の商店街は人で溢れていて、
その波に呑みこまれたーと思ったら、気がつけばブロードウェイ。
人波に流されていくといつの間にかブロードウェイに入っている仕様となっております。すげー
入ってるお店は、まんだらけとか、まんだらけじゃない店とか、まんだらけとか。
まんだらけだけでこれだけの店舗が入ってます。
フロア・売り場案内 - まんだらけ 中野店
他の店舗は公式サイトで。公式サイトの店舗情報にはまんだらけが含まれてません。なぜ…?
中野ブロードウェイ公式サイト


さて、カナタのお買い物内容をざっと振り返ると、
読んでみたかったコミックやお勧めムックや画集をたくさん中古でゲットし、
おまけに懐かしのファンロードの封神演義シュミ特号(3回目・1999年3月号)も思わず保護。
カナタには、ちょうどこの1997〜1999年頃、ローディストのはしくれだった時代があったのです。
しかし、当時の雑誌類は全部、高校卒業時に全部処分しちゃってて…。
ちなみに一番回収したいのは、
自分を同人の世界へ向かわせる決め手になった1997年4月号(封神シュミ特1回目)。
いつか、出会えるかなぁ。


あと、セル画館では生でセル画やコンテを拝んできました(たぶん初めて)。
アレとか、アレとか、アレなんて作品のものがあったよ!(自粛)
自分にとってはアニメって「テレビで観るモノ」という感覚がまだどこか抜けきれなくて。
その裏側で注がれている膨大な労力は、
頭でわかっていてもおそらくいまだリアルに把握できていない部分もあって…
セル画や絵コンテという現物を見て、ちょっとそのリアルの片鱗に触れられたような気がしました。


他にもいろいろ面白そうなお店満載でしたが、とても全部は回りきれませんでした…。
というか、既に買い物しすぎて荷物がえらいことになってた!
DVD辺りも、見に行ったら財布が大変なことになりそうだったので売り場ごとスルーしたし…


カナタにとっては、一日じゅう居ても全然飽きそうにない素敵な場所でした。
例えば女性向同人誌だけを目当てに買い物したい人には断然池袋をお勧めしますが、
いろいろ雑多にオタク的なものやサブカル臭のするものに興味がある人なら、
ぜひ中野にも足を伸ばしてみてください。
もちろん十分な時間とお金を用意するのをお忘れなく!


しかしここにしょこたんが出没する!という実感は、最後まで得られなかったなぁ(笑)
しょこたんも、アニメの製作現場も、カナタにとってはどこかファンタジー。


横浜


さいごはまたちょっとオシャレに(笑)
東京から少し足を伸ばして、横浜にも行きました。
中華街には一度行ったことがあったので、今回は赤レンガ倉庫方面に連れてって貰うことに。
みなとみらい駅から、クイーンズスクエアでお昼ご飯を食べて、
その後よこはまコスモワールド(遊園地)に寄り道!ジェットコースターと観覧車を堪能。
こちらは観覧車からの景色…

曇天 す ぎ る orz
で、でも赤レンガ倉庫が手前に可愛く写ってるのわかりますよね!


その後、ぶらぶら歩いて実際に倉庫まで到着。

中は食べ物屋さんや雑貨屋さんがぎっしり。
ちょうどオヤツ時でどの店もすごく混んでいて、何も食べられなかったのが残念…
軽いテイクアウト系の美味しそうなものがいろいろあったのにー!


そんなこんなしているうちに夜になったので、中華街へ晩御飯を食べに移動。
これは昼間乗った観覧車。帰りにはライトアップ。意外と綺麗に撮れた!


そしてこちらが、中華街の関帝廟。

お店のリサーチとかしていなかったので、
晩御飯はウロウロして目にとまったお店にひょっこり入りました。
それでも美味しかった!!コースで一品ずつ来たので、写真撮れなくて残念。
もちろんお店の名前も忘れちゃった…お値段も手ごろで良かったんだけどなー。


横浜は意外と東京から近いので、東京旅行にも簡単に組み込めるのが良いです。
カナタ自身、実際行ってみるまでは、もっと東京から離れているイメージだったので、
意外と盲点になってる方もいらっしゃるんじゃないかしら?



…と、まぁ、こんな感じの旅行でございました。
我ながら、結構いろいろ廻ったなぁ。書いても書いても書き終わらないわけです(笑)
本当は青山→原宿の後、池袋に行こうと思っていたのですが、
前日に中野でわさわさ買い物したため満足してしまい(同人誌も買ったし)、
今回は乙女ロードには立ち寄らず、でした。
(結局その分浮いた時間は、原宿のロッテリアでラノベ(中野での収穫物)読んでた…笑)
今度からはペース配分も考えて、中野と乙女ロード両方を攻めて行こうと思います!



あと、お土産ですが、深夜の高速バスを使う方(あんまりいないかしら…)なら、
東京駅地下のGRANSTAがお勧め。
http://gransta.jp/index.html
ひよこや東京バナナのようなベタな東京土産は売ってないですが、
夜10時まで営業なので、バス待ちの時間を有効に使えます。
お店はスイーツ系が多い印象。
改札口の中から地下に降りるようになっているので、うっかり駅から出てしまわないよう注意。
カナタは実家へのお土産に、BUZZSEARCHのパウンドケーキを買って帰ったのですが、
これがかなりのヒットでしたー。やっぱり都会のスイーツは桁が違うのぅ。
ちなみにカナタは朝ご飯もここで買ったりしてました。
まい泉のカツサンドとか!

 

*1:すれ違ったのはジョギング中の人とか犬の散歩中の人とか水道の水汲みに来てたおっちゃんとか←住んでる…?

*2:田舎者からすれば、東京は基本的にいつでもどこでもかなりの人出なのですが