読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

エンドレス

ぜんぜん仕事が終わりまへん。なぜだ!遊んでるからだ!


昨日は残業バースデーだったわけですが(家で独り、いつもと全く変わらない夜を過ごすほうが嫌だったのだという説も)、家に帰ってから「おめでとう自分!」と誕生日プレゼントをポチりました。

プラネテス Blu-ray Box 5.1ch Surround Edition

プラネテス Blu-ray Box 5.1ch Surround Edition

半年前から、これを買ってあげるって決めてたの!


今日は居残りせずに普通に帰宅。仕事も持って帰ってきたけれど、やっぱりお家じゃ集中できませんわな・・・。テレビ観つつダラダラして終わりました。あと、久しぶりに読書メーターをイジイジ。連休中に読んだ本なんかをちょこちょこ登録しました。
kanatamさんの読書メーター
なかでも特記すべきは愛すべき娘たち (Jets comics)を遂に読んだことかな。自分にとってのよしなが作品は、テーマも表現も凄いし面白いと思うのだけれど、ところどころに何か違和感を感じる、でも、それが何なのかわからなくてもどかしい・・・という面があって、なかなか気楽に読ませてもらえない。この『愛すべき娘たち』も確か3年(!)くらいうちの本棚に積まれたままになっていたのでした。

愛すべき娘たち (Jets comics)

愛すべき娘たち (Jets comics)

いざ読んでみると、本作では前述の「違和感」を全く感じませんでした。女性にスポットを当てた短編連作ですが、すごく自然にすーっと体に入ってきた。つまりは、私はよしなが作品の男性に違和感を感じていたのか??うーん、単純にそうとは言い切れないような・・・。もにょもにょは深まるのでした。もうちょっと考える。


ちなみに積み続けていた本作を読むきっかけになったのは、乙女なげやり (新潮文庫)。三浦しをんのエッセイですが、その中で『愛すべき娘たち』について触れられていたのでした。

乙女なげやり (新潮文庫)

乙女なげやり (新潮文庫)

文庫化されてたことを知らなかったので、今頃ちまちま読んでます。