読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

5/19 関西コミティア42 に遊びに行ってみませんか!

オリジナル作品に限定された同人誌即売会コミティア東京ビッグサイトで開催される「COMITIA」が本家?であり最も大規模で有名ですが、その他の各地域でも、コミティアの名を持つイベントが開催されていることをご存知ですか。そして、今週末・5月19日には、大阪で「関西コミティア」が開催されます。

というわけで、今回は、関西コミティア・勝手に案内&宣伝記事を書いてみます。私自身、関西コミティア参加歴は浅く、一般参加1回とサークル参加1回の計2回、というかなりの新参者なのですが、すごく楽しい即売会なので、新参者の視点から、その楽しみ方を書いてみたいと思います。

まずはイベント概要

関西コミティア42

開催日  2013年5月19日(日)11:00 ~ 15:30
規模 700スペース募集 ⇒ 今回、970サークル参加だそうです!
開催場所 OMMビル(大阪マーチャンダイズ・マート) 2階A・B・Cホール
最寄り駅 地下鉄谷町線京阪本線天満橋』駅下車

関西コミティア - 創作漫画同人誌展示即売会 - kansai comitia

関西コミティアは春と秋の年2回開催。COMITIA(以下、便宜上東京コミティアと表記)が3500-4700サークルで開催されていることを思えば、1000SP以下は小規模にみえてしまうかもしれません。ただ、東京コミティア同様、関西コミティア自体の規模は、現在右肩上がりに拡大していっているそうです。オンラインで簡単に自作品を展示できるようになっている一方で、オフラインでのサークル参加が全国的に増加している点は、個人的にはとても興味深いところです。
さてさて。
大規模化とはいえ、東京コミティアに比べれば、関西コミティアはまだまだゆっくり回ることができるような印象があります。これは、会場のハコのサイズ感も影響しているかもしれません。東京コミティアにも2回、一般参加をしたことがありますが、私は関西のほうが好きでした(イベント自体の性質も、それぞれ異なりますが)。天井の高い大きなホールよりも、普通のビル内のほうが落ち着いて回れるんです。

会場に着いたら・・・

入場証となるパンフレット(ティアズマガジンかんさい)を購入して入場します。そしていよいよ、サークルスペースを回っていくわけですが。
創作イベントは、ジャンルが明確な二次創作(パロディ)のイベントと比べると、はじめてのハードルが高い、かもしれません。サークル配置にある程度の分類(少年まんが、少女、青年、ファンタジーなど)はあるものの、それでは曖昧だし……贔屓のサークルさんがなければ、どこに行けばいいのかわからなくなりそうですよね。
ただ、実はその点も、コミティアさん側できちんとカバーしてくれているのです。
たくさんのブースをぶらぶらと見て回るのも楽しいのですが、それだと無闇に疲れるよ!という方は、まず次の2点のポイントをおさえてもらえば楽しさ倍増と思われます。

①パンフレットを読む

コミティアのパンフレットには、一般的なサークル配置案内のみでなく、「前回イベントで販売された同人誌の紹介(カット付)+その同人誌を発行したサークルの今回のスペースNo」が紹介されています。そう、サークルカットだけでなく、実際の作品の内容でサークルを知ることができるもです!これってすごいことだと思います。
紹介される同人誌は、読者アンケートのコメントによりピックアップされているので、自然とクオリティが高くて人気のある作品を知ることができます。私の場合、パンフレットで気になる作品をチェックするだけで、行きたい場所が多すぎて回りきれないくらいです。

②見本誌コーナーに行く

上記パンフレットだけでも至れり尽くせりなのですが、さらにコミティアでは、各所に見本誌コーナーが設けられており、サークルが販売する同人誌を見本誌として提出しています。すなわち、ここに行けば、ほぼすべての同人誌が読み放題!思う存分、気になる作品を吟味できます。
また、先にサークルブース内を歩き回って気になるサークルを見つけてから、見本誌コーナーでゆっくりチェックするのも一法です。サークルブース前で、実際の製作者さんの目の前で作品を手に取るのはなかなか勇気が要るので、私はその点でも見本誌コーナーに助けられてます!


とにかく熱の籠った作品が浴び放題な、関西コミティア
上記2点を押さえておけば、楽しめること間違いなしですよ!

参加サークル紹介

……とはいえ、「行ってみたら良いものあるよ!」と言うだけでは、説得力にやや欠けるので、最後に私が今、実際に関西コミティアで追いかけているサークルさんを紹介します。
もちろん個人の好みですので偏っています点は、ご了承ください。


※紹介は、前回・関西コミティア41でのサークル配置順です。
※各HPでの告知をもとに、今週末の関西コミティア42のスペースNoも併記しました。

山田ヨシオ (P-06)

http://yoshio.iinaa.net/info.html
既刊のなかでも『眠れる城の少女』『死者と添い寝』が好きです。

まり王 (N-56)

http://www.bekkoame.ne.jp/i/utumi/
独特のテンポが大好きです。作品ページへもリンクしときますね!‚¤‚‚݂܂肨‚Ü‚ñ‚ª

メガネハイパー (P-55)

http://jampan.net/
出会いは絵柄で即惚れだったのですが、テンポ良し、ギャグのキレ良し、お話良し!で期待を裏切りません!

ブラック・クラッシャー (O-29)

☆エロ、というか、下ネタ苦手な人注意…?
http://acorncafe.blog106.fc2.com/
『姦飲料』(タイトルからお察しください…)を知った時の衝撃は忘れられませんっ。

ルート十二面体 (N-55)

http://root12hedron.blog.fc2.com/
既刊『記号のペシミズム』が名著なんですが、予想外の方向からの新作も楽しみ。

飽和来灯 (N-22)

http://houwaraito.web.fc2.com/
BL作品も百合作品も素敵です。『だって全部夢だもの夜明けまで』(BL既刊)を読書会で読んで心射抜かれたのですが、なにせ読書会だったので購入できておらず…まだ販売されるかなぁ。

鬱鬱 (D-56)

http://shimi.tsuchigumo.com/
『奇怪百景』シリーズ、どの作品も面白いのでオススメ。とはいえ既刊は完売しているものが多いですが、たぶん読書会で完売分も読めるはず?(私が参加した読書会では読めました)

まつかさ師匠の沈黙工房 (L-05)

http://matukasabeya.web.fc2.com/
『愛弟子』シリーズが面白くて!長編(現在8巻まで刊行)のため、私も今集めているところです。

超☆お兄さん (C-54)

学園4コマ『どうにもこうにも』シリーズ!pixivで2巻まで公開されています。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35413136

よつぎりポテト (E-43)

http://sweetpotato.blog58.fc2.com/
こちらはちょっと番外的な紹介ですが、『4コママンガのススメ 2012年版』が頒布されるというので!2011年版が面白かったので、評論好きな方はぜひぜひ。

ざっと挙げてみただけでこんなに…!上記ほぼすべてのサークルさんが、カタログの同人誌紹介でもピックアップされています。もちろん他にも素敵サークルさんがたくさんですし、紹介したいけどWebサイトが無いサークルさんもあったりで…。これを見ていて、私自身がスペースを回りきれるか不安になってきました。
ここに並べたのは漫画サークルさんばかりですが、他にも小説あり、評論あり、絵本あり、アクセサリーやグッズもあり、実際はもっと多種多様に楽しめます。


また、Pixivのイベントページにも、参加サークルさんのイラスト&情報が続々アップされているので、こちらも参考になると思います。
http://www.pixiv.net/event_detail.php?event_id=2800


それでは今週末、ぜひ関西コミティアを楽しみましょう!


おまけ

私も、当日はR-41「さんま縛り」という3人サークルで参加しています。合同コピー誌をちまちま作ってます。新刊は危ういのですが、少なくとも前回の既刊は持っていけるはず。
http://d.hatena.ne.jp/sanma-shibari/