読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

2013年12月第1週のネットサーフィン記録

2013年12月1日(日)〜2013年12月7日(土)の、はてなブログのブクマ数ランキングです。
本を読むというだけでも人それぞれに捉え方があるんだなあと考えさせてくれる、はてなブログで話題の記事です〈2013年12月第1週〉 - 週刊はてなブログ
今回のランキングには、前回に比べ私にもビビビ!ときたタイトルがランクインしていました。


7位:ネットを一刀両断してきた中川淳一郎さんに、はてなのダメなところや好きなところを訊いたところ、バカが足りないと言われました - 週刊はてなブログ
ネガティブなタイトルですが、かなり褒められてます、はてな。


12位:『かぐや姫の物語』の、女の物語 - 戦場のガールズ・ライフ
1度だけ読んだのですが、「かぐや姫の物語」自体を観ていないので、また本編を観てから読み返したいと思います。


増田4位:読書好きの女子のファッショ
ファッションとして読書好きアピールする系女子について。 - たぬき系女子、里に帰る。」という記事を受けて書かれた増田と思われますが、一気に読ませるすごい文章です。内容も同意。ただ、そのことに自覚的なって突き詰めると、本文の締めにもあるように「俺もお前も、読書について語る言葉など持つものか!」となる。結果、予防線張りまくった上で、誰にともなく感想を「呟く」ことになるんですよね・・・。感想を伝えることは難しいです。


さて、この期間、上記ランキング以外で、個人的に心にひっかかった記事は以下。

今週のブックマーク

この本がスゴい!2013: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
書評繋がりになりましたが。スゴ本ブログさんのおすすめは、説得力があります。
『東雲侑子』シリーズ、3冊で完結したとのことで、ますます読みたい。

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

その他おすすめ記事

TVアニメ『境界の彼方』の舞台が奈良だと聞いたので行ってみた - 戯れ言
最近、『境界の彼方』というアニメを数話観ていて(もう物語終盤なんですが)、関連記事を漁っていたら発見。舞台探訪クラスタ凄いなー。


第22回 京都編・恵文社一乗寺店 堀部篤史さんに聞きました――本を「なつかしいもの」にしないために・・・|本屋さんの遊び方|みんなのミシマガジン
はてなブログのトップページ(http://hatenablog.com/)のサイドバー、「著名人ブログ」の項に、恵文社一乗寺店スタッフブログがあります。前から気になっていて、今回、どんな書店なのか検索して読んだ記事。他の店舗は一般的な書店というのが意外でした。こういうお店の運営は、それだけ難しいということでしょうね。今度、実際に行ってみたいです。


相変わらず記事数少ないですが、ぼちぼちと。ではまた次回。