読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

2014年6月第1週のネットサーフィン記録

もはや突発的にしか現れない当ブログの超不定期シリーズ!
今回も3ヶ月弱ぶり!
しかも火曜日から書き始めたのに結局翌週になり次のランキングが既に発表されていて大遅刻!
週刊はてなブログで毎週発表される、「はてなブログ」サービス内での注目ブログ記事ランキング。その中で、私のアンテナに引っかかったものを紹介しつつ、その他、私個人が気になった記事や出来事についてだらだらと語ります。


まずは、2014年6月1日(日)から2014年6月7日(土)の、公式ランキング。
今週のはてなブログランキング(2014年6月第1週) ―― 梅雨でもブログは元気! - 週刊はてなブログ

今回も、上位群には実用的な記事が多いですね。
よく、英語習得に関する話題にたくさんブックマークが付いているのをみかけますが、私は全く話せませんし、読む力もどんどん落ちていってます・・・。受験勉強で頑張ったんだし(何年前の話だ)、その知識が僅かでも残っているうちに、英語が喋れるようになったらいいなぁ、とは思うものの、仕事上あまり必要なスキルでは無く、あまり積極的にお勉強はしていません。
実は来月、夏休み旅行として(パート勤務に夏休みなんてありませんが勤務を調整しまして)、人生初のアメリカに行ってきます!が、これも英語ペラペラの友人におんぶに抱っこで行くので、わけがわからないまま「How much?」や「Thank you」を繰り返して凌ごうとするんだろうなぁ〜。これまで個人旅行では、アジア圏やオーストラリアなど、ある程度日本語対応もされている地域にしか行ったことがないので、本場で凌げるものなのかしら〜。妹と二人で免税店に行ってセレブごっこする予定なんだけど、怖くてすぐ尻尾を巻いて撤退するかもしれない・・・。妹は高校時代に交換留学で数週間アメリカでのホームステイを体験していたはずなんだけど、彼女の生来のビビリな性格もあり、いまいち頼りにならない!

旅の指さし会話帳DS アメリカ

旅の指さし会話帳DS アメリカ


さて、雑談が長くなってしまいましたが。
チェックした記事のピックアップに戻ります。


7位:プレゼン資料やブログに使える、無料で商用利用可能なイラスト素材サイト15選 - おしい県でWebに携わって働く人のブログ
この中で挙げられている、
13. 商用フリーで使える影絵素材サイト シルエットデザイン
14. human pictogram 2.0 (無料人物 ピクトグラム素材 2.0)
これらのサイトは、先月、私が同人誌作りをしている時にもお世話になりましたので、ご紹介しておきます。同人誌の構成上、どうしても空白のページができてしまうので、サークルロゴのようなものを作って余白を埋めるために、こちらの素材たちを使ったのです。「素材改変OK」だったので、自分たちのサークルに合わせたデザインに編集ができ、非常に助かりました。自由度高く設定してくださっているので、おすすめですよ。他のサイトもいずれチェックしてみよう。


15位:おーちゃんクッキーのひみつ - 紺色のひと
グルメレシピ系のまとめはあまり見ないのですが、「おーちゃんクッキー」ってなんだ?と記事をみてみたら。これは美味しそうだ〜。筆者のおばあさまの作るクッキーのレシピが、細かく紹介されています。クッキーなんて中学生の時以来作っていないので、久しぶりに作ってみたくなりました。というよりも、写真のおーちゃんクッキーを頂いて食したい!
ちなみに、このブログさんのオススメ記事、2010年のものですが、
もし森ガールがゆるゆるファッションで実際に『森』へ入ったら - 紺色のひと
も面白かったです・・・内容はタイトルから予想される通りなんですが、それでも笑ってしまった。


16位:京都人による京都観光 - Letter from Kyoto
まったく、ほんとにみんな京都が好きだなぁ!
そう思いながらも記事を読んでいると行きたくなる不思議都市、それが京都。
ただ、記事でも書かれていますが、夏の京都の暑さは地獄です。でも冬は寒いし、春秋は観光シーズンでごった返すし、いつ行っても地獄を味わう都市、それが京都・・・。
私が好きなのは、鴨川〜下鴨神社にかけてのコース(帰りは疲れてバスで帰るのも定番・・・)だったり、記事には無いですが三十三間堂が熱烈に好きだったり、と私自身もオススメはいくつかあるのですが。
記事の中で行きたいな、と思っているのは、まず上賀茂神社。下鴨神社好きを公言するためには、さらなる歴史のある上賀茂神社にも行っておかなければ・・・という妙な使命感があります。でも遠いので未踏の地です。
あと京都のラーメン。新福菜館のラーメンは、ラーメン博物館的なところで出店されていた時に食べて「美味しい!」と感じた記憶があるのですが、やはり本場で食べてみたい。
うーん、やっぱり京都、行きたいな!!


さてもう一つのランキング、はてな匿名ダイアリー。今回こっちのほうが、個人的には響く記事が多かった気がします。

まず、おそらくは大相撲の白鵬関が奥様の流産を理由に大事な会見を欠席したことに関連して、流産や中絶に関する記事2つ。
増田9位:突然やって来て、あっという間に去ってしまった話
増田10位:妻が中絶するまで


そして、もう一つの流れがこちら。
増田5位:ある漫画家志望の半生
これに対する返答がブックマーク数1位に。
増田1位:兼業作家からのアドバイスです

私自身、小金を貯めて仕事をパート勤務に切り替え、もっとやりたいことをやろうと決めたばかりの身なので、この兼業作家さんからのアドバイスは、自分にも沁みました。

幾ら稼いでも、幾らキャリアを積み上げても、売れても売れなくてもにんともかんとも人はあっという間に死にます。ならば、悔いなく生ききることが大事だと思います。

はい・・・!

元記事の漫画家志望増田氏も、今働きながら描き続けることができていて、恋人もそれを肯定してくれているなんて、環境としては恵まれていると思うし、描き続けたら良いのではないかと私も思います。もしも「絶対にこの雑誌に描きたいんだ・・・!」と、若い感性や勢いを要求されるであろう王道少年・少女マンガ誌を挙げられると、そこは私も止めてしまうかもしれないけれど。画塾に通われるくらいだから、それも違うのかな?と思いますが。どんな雑誌に投稿しているのか、気になります!
もう一つ気になるのは、『同人をやる行動力などない』とばっさり切り捨ててしまっているところ・・・。ブコメでは同人は沼、的なコメントもありますが、三十路になってまたコピー同人誌を細々と作り始めた身としては、没投稿原稿で同人誌作ってみるのもよいのではないかと。自分の原稿が本の形になると、また違った風に見えたりするもので。もちろん創作系の即売会には、ずっと商業誌デビューを目指している同じ志の人もたくさんいるので刺激になるだろうし(いまさらそれで心が折れるのならそれはそれで)。
あと、やっぱり持ち込みをして、実際どこが足りないのかを聞いてみるのも大事な気がするので、そういう意味でも即売会はオススメです。「上京して必死に持ち込みしたり」はされていないみたいようだし、私もそのハードルが高いのはわかるけど、最近のコミティア系イベントでは出張編集部企画が盛んで、行列に並べば、読んでもらってアドバイスをもらえるっぽいです。あそこだけ異様な緊張感に包まれていて、いつもひゃーっ!て思います。画力が上がっても、他に足りない部分がもっとあるのかもしれないし・・・?


最後に、こういう形で取り上げられるのは先生のご本意ではないと知りつつも、この記事を貼っておきますね。
「人生、どうなるか分からない」 出発点はお絵かき掲示板 41歳で単行本デビューした主婦「るなツー」さん (1/4) - ITmedia ニュース
るなツー先生は私が関西コミティアに行き始めた時には既に大手さんでしたが、まさかそれからすぐに商業デビューされるとは思っていなかったのでびっくりしました。同人誌は数冊持っていますが、コミックス、まだ買えていない!

女子のてにをは(1) ビッグコミックス

女子のてにをは(1) ビッグコミックス


以上、はてなブログランキングおすすめ記事でした。

今週のブックマーク、その他

いつもは次に、ランキング以外で、上記期間で私が印象深かった記事を紹介するのですが、この週はブックマークしていないし、ブラウザの履歴を振り返っても、あまりあらためて取り上げるものが無い・・・twitterを振り返ると、いまさら『シドニアの騎士』にはまったり、AKB48総選挙のテレビ中継みながら泣いたりしていたみたいです。



大胆すぎますかしら?



佐江ちゃんやっぱり最高だったあああ。


お気に入りしていたtweetたち

5月のtweetですが。そうなの!?って。MARVEL作品映画ほとんど観てないけど、アイアンマンは好きです。







あるある!



AKB48総選挙に際して。
このことは本当にそう思う。必死で自分を切り売りして、それでも報われる人は一握りで、消費され続ける彼らを思うと、罪悪感を抱くのも否めない。



ラスト。

関谷あさみ先生の漫画は成人向けしか読んだことないのですが、久しぶりに読みたくなりました。
今、こんな連載されてるんだ。
千と万(1) (アクションコミックス(コミックハイ! ))

千と万(1) (アクションコミックス(コミックハイ! ))

電子版もあり。

千と万 : 1 アクションコミックス

千と万 : 1 アクションコミックス



それではまた!!