読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

2014年11月第3週のネットサーフィン記録

週刊はてなブログで毎週発表される、「はてなブログ」サービス内での注目ブログ記事ランキング。その中で、私のアンテナに引っかかったものを紹介しつつ、その他、私個人が気になった記事や出来事についてだらだらと語ります。

先週の記事がさすがに長すぎたので、今回はシンプルに行きたいです。



まずは、2014年11月9日(日)から2014年11月15日(土)の、公式ランキング。
今週のはてなブログランキング〔2014年11月第3週〕 - 週刊はてなブログ



3位:テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人はどこへ行ったの? - シロクマの屑籠
⇒29位:ハイエンドな社会から見えないローエンドな社会 - あざなえるなわのごとし

今回はこの話題ですね。
3位記事に対して書かれた29位記事を読んで、「いなくなったわけではなくシロクマ氏の視界に入らないだけだ」という指摘は理解できたのですが。なんとなく元記事との齟齬もあるように感じて、その違和感はシロクマ先生自身のブコメでくっきりしました。

ハイエンドな社会から見えないローエンドな社会 - あざなえるなわのごとし

いや、ご指摘のような「職種による一定の偏り」はあるとは感じてますよ。でも、それにしたって、昔の店員とか公務員とか絶対今みたいな感じじゃなかったですよ。国鉄職員とかも。活躍できる場所は狭くなっている。

2014/11/15 12:25

シロクマ先生が「どこへ行ったのか?」なんて表現を使ったため、あざなえるさんが「ここにいるよ!!」とリアクションされた形だけど、シロクマ先生の指摘の根幹は、『不器用な人』を『ローエンド』へと追いやってしまう傾向が昔よりもずっと強まっているということにある、という。

 インターネットのあちこちに吹き溜まっている怨嗟の声に耳を傾け、精神科の診察室で遭遇する適応障害に該当する人々の苦境をみる限り、本当は、要領の悪い人や無愛想な人、不器用な人が消えてしまったわけじゃない事はわかっている。にも関わらず、そのような人達が気持ち良く働けるポジションが社会のなかであまり見当たらないのは、とても、怖ろしいことのような気がするのだ。
テキパキしてない人、愛想も要領も悪い人はどこへ行ったの? - シロクマの屑籠

これですね。そのことを整理した上で、もう一度あざなえるさんの記事に戻ると、

でも先生は「テキパキしていない奴、愛想も要領も悪い奴でも働ける社会だった」というけど昔っから怒鳴られなじられたひとが、果たしてハイエンドから見えるところで働くのが幸せなんだろうか?

という記述があります。
ここ、シロクマ先生の主張としては、昔は同じレベルの働きが『怒鳴られなじられなかった』ってことだと思います。釣り銭間違えたって、今ほど怒られない時代があったんだよ、という。
そしてこの齟齬は、既にシロクマ先生とあざなえるさんの世代差から来ているんじゃないかしら(あざなえるさんのご年齢をまったく知らないので、違ったらすみません)。
この齟齬自体が、端的に社会の変化を表しているように思えました。

あと、あざなえるさんは、シロクマ先生のような「ハイエンド」の人は「ローエンド」な世界が見えないのだ、と言われているけれど、たぶんあざなえるさんが想像されているよりも、今の医療業界って「ローエンド」社会と濃厚に関わっている場所ですよ・・・。絶対に、見えなくなっているわけではないです。よっぽど特殊な職場じゃない限り、嫌でも目に入ってくると思う。もちろん、だからといってシロクマ先生が「ローエンド」な人たちと同じ目線に立てるというわけではないですし、それは無理だと思いますが。でもとりあえず「それはちゃうで」と思ったので、指摘しておきます。


今回はこれだけ!ばっさりいきます。
続いて、もう一つ、はてな匿名ダイアリー。


増田1位:新入社員には1週間ほど電話番してもらうと有望かどうかだいたいわかる

増田はこれ一択で。
内容は、個人的には的を得ている気がする。コミュニケーションが必要とされる業種なら、これでタイプ分類ができそうです。


電話応対で能力をはかられるって、図らずしも、先に取り上げた話題ともちょっとリンクしていますね・・・。
以上、はてなブログランキングからの、おすすめ記事ピックアップでした。


今週のブックマーク、その他

いつもはここから、ランキング以外で、上記期間で私が印象深かった記事を紹介するのですが、この時期はあまりネットサーフィンをしていなかったよう・・・スケジュールアプリを振り返ったら*1、妹に会ったり飲み会があったり出歩いていることが多かったみたいです。


わーい!!
結局観る時間とれない可能性が高いけれど、嬉しい!
ネタバレは絶対避けたほうがいい作品なので最初辛いかもだけどとりあえず全話観ましょう!(ハードル高い)後半までいくと止められなくなると思います。Boxとか出て欲しいですね・・・再生数次第で何かが起きたりするかしら?


dアニメストアを確認したら、作品紹介ページの「あらすじ」が激しくネタバレ満載だったので、第一話のページから直接どうぞ・・・(汗)


ファンタジックチルドレン 1 [DVD]

ファンタジックチルドレン 1 [DVD]



今回は以上です。
それでは、また~!!

*1:こういう時期は、手帳を振り返っても真っ白なので役に立たない