読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

要は妹可愛いよ妹

 こんばんは!今夜は我が妹のお家のパソコンからお送りしております!
 なんつーか、もう…彼女の持つ圧倒的な乙女力に圧倒されっぱなしです。
 以下、妹の乙女エピソードをとくとみよ!

 今夜は母も大阪まで出てきて、カナタ、妹、母上の三人で夕食。
 待ち合わせの駅に、妹はテニスの練習を終えて颯爽と登場。

 夕食中、母上にサバの味噌煮の作り方のコツを聞く妹。
 母「あんた(カナタ)もちゃんと作りなさいよ」
 カナタ「食べてくれる人がいるならね!!」


 ちなみにカナタはここ半月、家の食器を一枚も使ってないよ!

 母上と別れ、姉妹二人で妹宅に移動。
 玄関先での会話。
 妹「昨日片付けられへんかったから散らかってるねん」
 カナタ「全然いいよ!」
 妹「ぱんつとか干したままやし」
 カナタ「おう、ぱんつ嗅いでやるよ!」
 妹「いや、そうじゃなくて…」


 妹の恋人のぱんつでした。
 さ、さすがに嗅げねぇ…。

 初めて入った妹宅は全てがラブリー
 カントリー調の家具にピンクを基調にした小物類。壁に飾られた絵葉書、絵本。
 さすがに二人で過ごすことが多い部屋は違いますね…


 ちなみにカナタは毎日「空き巣に入られたようだ…」と自分で自分の部屋に驚くよ!自分家なのになぜか新鮮!

 極めつけは、本棚にこんな本を発見。

ラヴァーズ・ダイアリー―恋するふたりの365問

ラヴァーズ・ダイアリー―恋するふたりの365問

 カナタ「…ん?」
 妹「あっ」
 カナタ&妹「わーーー!!


 この本、売ってるの見かけたことはあったけど、まさか身内で買う奴がいるとは…
 (本人は「ネタで買っただけ!」と言ってましたが、ははは)
 もちろん中は見せてもらえず。
 こっそりみてやろうかとも思ったけれど、たぶん後で自分が鬱になって死ぬのでやめました。


 今こうしてカナタがパソコンに向かっている後ろでも、
 妹は携帯でメールのやりとりをしつつ、英単語の勉強をしています。
 姉妹のこの差はどこからくるんだ!!!


 あんた…ほんとに理想的なスイーツ(笑)、もとい、普通の女の子だよ…。
 ここまでくると、さすがにオタク(姉)と非オタク(妹)のせいにしてしまおうという気すらおきない!
 もっと何か、根本的な何かが…。


 そんな妹君から姉に対してのご指南。「さすがにその贅肉はやばすぎるやろ…」
 ですよねー^^
 スリーサイズだけは妹に勝ってるよ!全部ドーン!