読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

2014年3月第3週のネットサーフィン記録

もう先日、第4週版が発表されていますが、今回は先々週のネットサーフィン記録です。

週刊はてなブログで毎週発表される、注目ブログ記事ランキングの中で、私のアンテナに引っかかったものを紹介しつつ、そのその他気になった記事や出来事についてだらだらと語るシリーズです。


まずは、2014年3月16日(日)から2014年3月22日(土)のはてなブログ内でのブックマーク数ランキング。
「おっぱい」「オザケン」「最初の3年」さまざまなトピックが交錯する、今週のはてなブログランキング(2014年3月24日版) - 週刊はてなブログ

本文でピックアップされているのは「おっぱい」「オザケン(小沢健二氏の「笑っていいとも!」出演)」「最初の3年」のようですが、自分が反応していたのはまず、

9位:パクリツイートしてる連中を一括ブロックするツール「パクリツイッタラー殺すべし」作った - メモ帳DPAです。
私自身は上記をまだ導入していないのですが、twitterを楽しんでいる上で、パクリツイートは不快です。もともと、favster系のbot(ユーザーの「お気に入り」をたくさん集めたtweetを転載する)は、オリジナル発言者がわからないことが多いので嫌だわー、と思っていたのですが。びっくりしたのは、周囲で「おいでよ パクツイの森 #パク森」(パクられたツイートが一目でわかる「おいでよ パクツイの森」 | BUZZAP!(バザップ!))が流行した時。botではなく、一般ユーザーさんが、他の方の秀逸なtweetをしれっとあたかも自分の発言のようにtweetしていることが白日に晒されて、しかもその量が半端じゃない!引用RTじゃないんですよ、流用ですよ・・・。
私はそんなに面白いtweetなんてできないので、パクられることについては心配ないんですが。公式RTなどで自分のタイムラインに回ってきたtweetを、自分がお気に入りにしたり、リツイートする際、元のアカウントの人がどういった人かを知らないことも多いので、それがパクリツイートだったら嫌だなぁ、と思うわけです。
「このtweet面白い!RTしたい!」っていうのは基本的にポジティブな衝動にかられての行為なので、その前に「でもこれがパクリツイートじゃないかをチェックしておかないと・・・」というネガティブなワンクッションは挟みたくないんですよね。
どうやら最近パクツイの森が機能していないようなので、上記サービス導入も検討しているのですが、250favと閾値が高めなのと、ブロックしちゃってその先可視化されなくなる、という大胆なところが、まだ導入に踏み切れないあたりです。


さて次は、この文章を書いている現在は、既に最終回の話題でもちきりの、「笑っていいとも!」への小沢健二氏登場回について。
6位:2014-03-20 旅に出る理由があった小沢健二と旅に出られなかったタモリ - 逆エビ日記Ver3.0
このエントリ内に、16位:「あれは生命の最大の肯定」タモリが絶賛した小沢健二 - てれびのスキマ へのリンクもありますので、6位記事から読まれればよいと思います。

私はこのテレフォンショッキングを、上の記事を読むまで観ていませんでした*1
ただ、オザケンが好きか?と問われると、オザケンのCDは1枚も持っていないし、初めてテレビでみたときは痛快ウキウキ通りってなんだこのにーちゃんはって思ったし、でもその後『ぼくらが旅に出る理由』・・・名曲だ!『愛し愛されていきるのさ』『強い気持ち・強い愛』・・・名曲だ!えっ『今夜はブギーバック』までオザケンだったのか!!と遡り、っていうか『痛快~』だって名曲だ!(当時はインターネッツも無く、この間にかなりの時間経過あり)、さらには、オザケンと関係ないところでカジヒデキに転んだことから→渋谷系→フリッパーズギター→オザケン!!!とか、そういう変な辿り方をした30歳で、だからこそオザケンが好きっていうのはおこがましいし、『Buddy』(これもかなり好きな曲なんですが)以降の曲も聞いてないし、ってかほんと、アルバムとして聴いたのはフリッパーズの『カメラ!カメラ!カメラ!』だけだし、それでオザケン好きなんて、とてもとても言えませんってばねぇ!?
・・・と一気に語ってしまうくらいのサブカル女のはしくれでありますので、やっぱりこの話題は気になるわけです。そして、上記記事を読んでなるほどなぁ~と、あらためて感銘を受けるわけなのです。

LIFE

LIFE

  • アーティスト: 小沢健二,スチャダラパー,服部隆之
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: CD
  • 購入: 11人 クリック: 1,152回
  • この商品を含むブログ (734件) を見る


それから、さらに自分語りで申し訳ないのですが、この数年で私が一番小沢健二に心揺さぶられたのは、フジファブリックというバンドが『僕らが旅に出る理由』をカバーしたときに、小沢氏がそれに言及した文章を発表したときでした。

 フジファブリックくんたちは、大切な友人をなくしたと聞いたけれど、そんな時に、少しでも力になれる矢をつくっておくことができたのなら、彼らが投げようと思う矢を渡すことができたのなら、それ以上のことはありません。
 思いっきり投げてくれて、ありがとう。

もう、全然「いいとも」とは関係ない話になるんですが、この文章で私の心がどれだけ震えたかということを、たぶんこれまでインターネット上にまったく残していなかったようなので、便乗してここに記録しておきます。

モテキ的音楽のススメ Covers for MTK Lovers盤

モテキ的音楽のススメ Covers for MTK Lovers盤

ちなみにモテキ実写版はドラマも映画もみていません(原作は読んだ)。それがドラマ主題歌にフジファブリックが起用された事と関係しているかと問われると、いまだになんとも言えません。


さて、もう一つ、仕事についての注目トピック「最初の3年」。私自身が3月に5年間勤めた職場を辞め、非常勤パートタイマーになるタイミングで、「仕事から逃げだす」という後ろめたさも少し感じており、仕事に対する厳しい言葉などが書かれていると心に刺さりそうなので、怖くてほとんど読んでいません。
ただ、偶然読んだ、増田10位:死んだように生きるの最後の追記で、「最初の3年だけでは仕事人生決まらない - レールを外れてもまだ生きる - 派遣OLブログを読んで少し救われた」という流れは、なんかいいなぁって思いました。


以上、はてなブログランキングおすすめ記事でした。
次に、ランキング以外で、上記期間で私が印象深かった記事を紹介します。

今週のブックマーク、その他

今回はここまでが長かったので、シンプルに。

【ゆかいインタビュー】 「ゆかい食堂」のくらふとさんが東京にいらっしゃったので杉浦茂風のまんがや動画のことをいろいろと聞いてみたぞ!(前編) - 週刊はてなブログ
ゆかい食堂以前の、アイマス動画のご経歴等は知らなかったので、とっても面白く読みました。

ニコニコとかネットで広まることの有難いんは、ネタをわかってくれる人が100人に1人でも1,000人に1人でもいたら、そこまで届く。それがもうすごく嬉しいことですし、もうそれでいいんですよ。

名言だー。



パトレイバー:実物大イングラム豊洲に立つ - MANTANWEB(まんたんウェブ)
ガンダムよりも見に行きたいなー。実写版シリーズ第1章は4月5日から!
THE NEXT GENERATION パトレイバー



恋愛漫画の歴史……変えちまったよ「週刊少年ガール・第1巻」 - 無駄話
これは読みたい。

週刊少年ガール(1) (少年マガジンコミックス)

週刊少年ガール(1) (少年マガジンコミックス)


お気に入りしていたtweetたち

これもオマケ的に続けてみましょうかね。








来週末に、東京に行くので、隙間時間に秋葉原にも行くぞ!



どちらもおめでとうございます!!!

私の発言。


それではまた!!

*1:今のところ、動画サイトにアップロードされたものが観られます