読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなたむんむんブログ

むんむんっとした事を書き綴ります

To Heart2(PS2版)感想

 前記事で述べたように、どたばたあった末にようやくプレイできたTo Heart2。
 カナタは、シリアスものや鬱ものは苦手で、王道の、日常ベースのフツーの恋愛ものが好きなのですが、
 本作は期待通り、そういう点ではさすがの完成度。かなり楽しくやっております。
 以下、各キャラ感想。
 いまさらとか言わないでね、ほらちょうどADも発売されることだし…。
 懐かしいな、って感じに読んでもらえれば幸い。


 【十波 由真】
 まず一人目にクリアしたのは由真。
 やっぱりショートカット娘好きとしてはこの子は外せないわけです。しかもツンデレktkr。
 冒頭で先に登場するいいんちょルートに心揺れたものの、やっぱり最初は本命からという自分ルールを優先しました。
 いやー、期待以上に良かったです由真ルート。
 最初は想像どおりの展開でラブコメ的にスタートして、
 どんどんツンデレ化するけど別に嫉妬深いタイプのツンデレでもなく(←独占欲強い子は苦手です><)。
 で終盤ラブラブになってから、もう一展開あって。
 ちょっとクサすぎる演出ですけど、それもまたイイ!(・∀・)b
 由真のおかげで、ファーストプレイだけでこのゲーム買って損なしと思えましたよ!


 というわけで1枚。
 
 まぁ一人突っ走って主人公に絡んでくるので、
 プレイヤーの好みによって合う合わないがものすごくはっきり分かれそうな娘ですけど、
 個人的にはかなりどストライクです。
 なんだかんだで相手してるうちに自分も楽しくなっちゃう主人公も良かった。


 シナリオ的に、正直最後のヒネリはいらなかったような気もするけど…(眼鏡のアレ)
 その要素を入れるくらいなら、せっかくだしいいんちょを巻き込んだドタバタイベントが観たかったです。
 あと女プレイヤーとしては、主人公の姿がちゃんと入ってるCGが少なかったのが残念かなぁ。



 【笹森 花梨】
 次は由真ルートの途中から攻略できたので、花梨を攻略。
 ビジュアル的に、第一印象は割と良かった。
 そう、元気の良い子は基本的に好きですよ……好き………うん…………( ゚Д゚)!?


 感想:( ゚Д゚)ポカーン


 いや、これは花梨が可哀想だろwwwと言いたくなる感じに、シナリオがちょっとアレでした。
 途中の「だ〜れだ」シリーズみたいな細かいところは良かったんだけど…。
 ラストとか…あの危機的状況わざわざいらなくない!?
 事件の謎が解決したね信じてくれてありがとう、でよくない!?
 っていうかそんなに全イベントで「ミステリ」追求しなくてもよくなくない!?
 それよりも、花梨の抱く『「普通の子」への違和感』とかをメインにした方が…
 例えば、クラスの中で浮いちゃってる、みたいなエピソードをもっと入れるとかさ!
 …と、いろいろ言いたくなりました。


 花梨みたいなキャラクターは絶対居ていいと思うんだ…でもシナリオが弱いorz
 しかもエピローグもしっかり( ゚Д゚)って感じだったし…これはもう笑うしかwww
 とりあえず、『キャラクター表で4番目に来るべき子じゃない』ことは確かでした。
 なんでこのシナリオで由真より先なんだ。
 そうやって期待した分、カナタ以外にも( ゚Д゚)となった人は多かったんじゃないかしら。



 【向坂 雄二】
 雄二感想はいらんだろ!とおっしゃるなかれ。
 花梨の選択肢違いで雄二EDということで観たんですが…
 まさかこんなところに腐女子サービスが仕込まれていたとは!(えええ
 正直、花梨の10倍は興奮しました。ガチで。
 もともと雄二いいやつだし、タマ姉からのアイアンクローのかけられっぷりも見事だし、
 ああなるほど、中の人鳥海さんですかどうりで上手いはずだわぁ…なんて思っていたのですが。
 詳しく語るのも無粋(?)なので省略しますけど、
 ED前に明かされるエピソード(これ完全なフラグだぜ)とEDの2人の会話の流れは、
 腐女子サービス以外の何ものでもありませんでしたよ!!



 で、今はるーこ攻略中です。かなりツボってます。
 その次はそろそろWヒロインどちらかにいこうかしら、
 あと双子がうちではまだ一度も登場してさえいないなそういえば…という感じです。
 ネットで評判良いのを知ったので、委員長は最後にとっておこうかと思ってます。
 気が向けばまた感想なぞ書くかもです。